So-net無料ブログ作成
中古車選びのポイント! ブログトップ

中古車購入の時の諸費用って・・・。 [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

12月もすでに折り返し・・・早いものですね。

たま~に、いらっしゃるんですけど乗り出しの金額だけ聞いて「高いな~」っていう方、まあそれぞれの感じ方なので、いたし方ありませんが 、せめて内訳だけでも聞いてください・・・。

販売店の諸費用は、お店によって内容は全く違います。(もちろん税金や自賠責保険などの法定費用は違ってはいけませんが)

整備の内容や納車前にどこまでやってくれるか?というのをよく聞いてから、ご検討していただきたいものです。

諸費用の安いお店もありますけど、納車前の整備もなければ、ろくにクリーニングもしてくれなかったり、諸費用が安い分、車の価格が高くなっているなんてこともあります。

納車前の整備費用をいただいているお店も多いですが、この内容も要チェックです!「ちゃんと見ますから!」なんてお店はご注意です。あと、「自社工場で点検しますから・・」なんてお店も全部ではありませんが気を付けてください。

自社に工場があるっていうのは、すごく聞こえはいいですよね。私も立派な工場を持てるようになりたいって思います。でもね、自社の工場ってことは、どこまでやるかもお店次第ってことですよ、もちろんしっかりとやってくれるお店もありますけど、利益重視で考えているようなお店の自社工場もたくさんありますからね~。

ちなみに整備工場には2種類あるの知ってます?国土交通省認証を受けた「認証工場」と「指定工場」と2種類あるんです。このどちらも取得していないで、敷地内に工場と、とりあえずリフト入れました・・・なんて「自社工場」もよく聞く話です・・。

皆さんも、総額ももちろん大切ですが内容をしっかりときいて、変なお買い物しないようにしましょうね! 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

風の強い一日でした・・。 [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

とても風の強い一日でした。当店のノボリも一本、根を上げてぽっきり・・・。車に当たらなくてよかった・・。

そんな中、お客様もご来店いただきありがとうございました。

昼間、ちょっと掛け持ちで接客していたので、満足なご対応ができなかったかもしれません。一組のお客様は無事成約をいただき、もう一組のお客様に、お声をかけさせてもらいましたが、「他も見たいのでまた来ます・・。」

色々な車を見ていただくのも、車選びでは重要なことだと思います。最初はコンパクトカーでご検討されていたようですが、来月、新しい家族も増えるようなので、同じような価格帯のアイシスをご紹介させていただいたところ、かなりの高反応!

今までの経験を活かし、こんな使い方もできますよ。と、購入後をイメージできるようなご説明をしてあげました。

そうしたら、夕方戻ってきてくれました。昼間はお見積もりも出せなかったので、お見積もりを出して、いろいろ見てきたという車の話を聞きながら・・・・。

「総額で60数万円のクルマ、当店お話をしたら20万くらい値引きしてくれるって言ってました」(ちなみに当店の乗り出しが45万くらいだったので・・)

「えっ!」

このネットでいくらでも相場の調べられる時代に、まだそんな値引きしないで売れたらラッキーみたいな商売しているお店あるんだ・・・。

お客様の目線で考えると、「いっぱい値引きしてもらった~」って気持ちになるんでしょうか?でも、複数の車で検討してなかったら、いったいいくらで売るつもりなんでしょうね。皆さんも「値引きしてくれる=いいお店」とは限りませんので、しっかりと調べてから車選びをしましょうね。

初めての車選びだったようなので、色々と注意点等をお話して、本日成約には至りませんでしたが、良い車に出会えるといいですね!(当店のクルマだったらもっと私もうれしいです・・。)

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

委託販売車ってお買い得? [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは。

今日も雨です・・。午前中は曇っていたので、今日納車の車を拭き上げて万全の態勢でお待ちしていたのに・・・。

今日は、昨日ちょっとご紹介した「委託販売車」って何?の続き・・。

オビ加工画像.jpg

この車が、知り合いの板金屋さんから預かった 16年式 アベンシスワゴン2.0Li 83000km 結構マニアなお車です。 トヨタの車ですけど、もともとヨーロッパ仕様のこの車!普通トヨタの車は、車検証の車名欄にも「トヨタ」と入りますが、この車の車名は「TMUK」なんのこっちゃ?ですが、トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・ユナイテッド・キングダム!の略です。ばりっと、イギリスはいってますね。

もともと車づくりの基準の厳しいヨーロッパでトヨタの技術力を詰め込んだ、VWやBMW、アウディなどのステーションワゴンに対抗したスポーティな車です!

2000ccのステーションワゴンですが、装備がすごい!エアバッグも運転席、助手席は当たり前、サイドエアバッグにカーテンエアバッグ搭載、トラクションコントロール、バックフォグランプにワイパーデアイサー、クルーズコントロールと、同年式の純国産では、ハイクラスなセダンにしか採用されていないような装備が目白押しなんですね~!

そして、欧州車によくある天井生地のたるみ・・・。この車もあります・・・。やっぱり向こうで作っているから貼り付けるボンドも同じになってしまうんでしょうか?こんなところもヨーロッパの雰囲気なんでしょうか・・・。

で、結局のところお得なのどうなの?というお話ですが、全国の委託販売車すべて同じ条件ではありませんので、答えはお店と委託している人次第・・・

・・ってこれじゃあよくわかりませんよね。良くある委託販売のケースは、買取金額に納得できないユーザーがお店に自分の希望以上の金額でおいてもらう。その金額で売れれば、委託した人はもちろんラッキーですよね。

でもねあんまりにも相場を無視した金額だと、買い手がつかない・・・そうこうしているうちに相場も落ちてしまうこともあり、売り焦って金額を下げて結局は、最初に買取る金額以下になっちゃった・・・なんてこともあるわけです。

なので当店は、一般のユーザーさんからの委託は行っていません。取引のある業者さんの依頼だけは受けますが、リスクをきちんと説明したうえで預かります。

今回のこの車は、知り合いの板金屋さんの従業員が今まで使用してきた車ですが、一緒にオークション相場やネットに掲載されている価格を確認し、オークションで売るよりは儲かって、ほかのお店よりも安く出せる金額で設定。当店の利益はほとんどありませんが、相場が落ちても自社の在庫ではないので、損をすることはありませんのでお付き合いでおこずかい稼ぎみたいなものです・・。

私の見た感覚ですが、見た目もいいし、車検も1年以上残って、この価格で出せば結構お得なんじゃあないかな?と思って今回ご紹介です。本当は自分の在庫買ってもらった方がいいんですけど・・。

興味のあるかたは、見に来てね! 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

知り合いのディーラーからまたまた下取りを頂戴します! [中古車選びのポイント!]

度々です・・。

友人の勤める某輸入車ディーラーから、またまた下取入庫の連絡・・。

またまたキューブが入庫したとの事。しかも今度はライダーのパール!とりあえず車検証と画像をもらい吟味!

[電話]・・・・・「いただきます」

[電話]・・・「毎度・・・。」

しかし毎回思いますが、ディーラーさんで新車を買う人って、毎回、新車買うもんですかね?前回の車もそうですが、今回の車も新車ワンオーナー、もう一台ストリーム(まだ折り合いついてない・・)も話をもらってますけど、それも新車ワンオーナー・・。

皆さんお金持ちですね。しかも大体点検記録がびっしりとついている。どんだけ点検だしてんの?って私でも思うくらい・・。

とりあえずキューブは土曜日に試乗がてら埼玉県へ取りに行ってきます(ちょっと遠いので面倒ですけど、いつも格安で頂戴しているのでお礼もかねて・・)

ディーラーのショールームでつなぎのおっさんが待っている光景は滑稽ですが、皆さんとってもいい人・・。この間も「ドリンクいかがですか?」って、一応お客かもしれませんけど、丁重にお断りしておきましたが、すごく親切です。

Climbもいつかはディーラーのようなショールームが持てるように頑張りたいです!?

キューブは、またそのうちご紹介いたします・・・。?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

パワースライドドアの修理 [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

以前収めた車が、パワースライドドアの不調で入庫中です! 

大体この手の不調って、スライドドアモーターかスライドワイヤーのトラブルが多いんだよね~。

と、思いきや?ドアノブ操作では開閉可能!運転席スイッチ長押しでも動くようになっていますが、長押ししても動かない・・・。作動音「ピーッ」という音が正常だと1回なりますが、2回なり動かない・・。

スイッチかな?反対側のスイッチとカプラ同じなので入れ替えてもダメ。

何かかんでるのかな?60系のノア・ヴォクシーなんかはまれにスライドドア淵のゴムが反り返って動かなくなる症状がありますが、この車には、当たるような場所もない・・。

仕方ない・・・スライドドアをばらしてみると・・・スライドモーターのほかにもいったいいくつモーター付いてんのこの車・・・。全部パワースライド関係のようだけど、リンクとワイヤーと・・・いったいどれがだめなんだこりゃ?

とりあえず、リンク関係は内貼り剥がすとほとんど丸見えなので、このまま作動チェック・・・ドアノブ操作だと開くときはこのリンクが動いて、閉まるときはこいつが動く・・・。スイッチ操作だとこのモーターがドアノブの動きの代わりをして・・・。

「んっなにも動かない??音だけ・・・。」

試しに手でやってみよう!「エイッ!」

動いた!こいつかな?右側の動きはどうだ?

やっぱこいつだな? モーターは動くみたいだけどその手前のスイッチみたいなやつがだめみたいだな?

部品を調べて・・・セットかい!部品屋さん・・・もっとバラで部品出してよ・・・。

部品が届いたので、早速交換!(上の方のお話は昨日の出来事です。)

とりあえず内貼りは組まずに、作動を確認!

「動いた!」

これで一安心!さてお客さんにも連絡だ!

車はどんどん便利になるけど、その分、電装パーツがどんどん増えていく・・。こればっかりはどんな熟練の整備士に点検をお願いしても、整備した時に普通に動いてしまうと、それ以上は点検のしようがありません・・・。電球と一緒ですね。昨日までは何事もついていなかったのに、今日はつかない・・。そんな経験ありませんか?

以前勤めていたお店でこんなケースもありました。

納車前に車検をとって、さあ納車!と思いきや、ヘッドライトがつかない・・。お客さんはもう来てる・・・。とりあえず工場(自社工場があったので)に持って行くと、バラスト(HID用の変圧器みたいなものです)が逝きました。

お客さんは大激怒!「当日にこんなことってありえない!」

でも、あり得るんです・・。この時は車検は、陸運局の検査ラインを通していたので、もちろんはなっからつかないライトだと、車検すら取れません。その時は普通についていたんでしょうね・・。

このお客さんは、何とか説明に納得し(もちろん直してから収めました)後日納車しましたが、もしこれが納車されて1か月後の出来事だったとしたら・・・。保証の内容次第なんですかね~。

エンジンとかミッションとかの機関系の保証ももちろん大切ですけど、電装系の保証もぜひ注目してください!どうしても掛け捨ての保証はもったいないと思う方もまだまだ多いですけど、任意保険に比べれば・・・・

何かあってからでは・・・・

当店でも電装品も含んだ充実のカーセンサーアフター保証取り扱ってますので、入る入らないはあなた次第・・・としてもお話だけは聞いてやってください。

先日買ってくれた友人も、説明してあげて迷わず入りました! 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

まだこんなお店もあるんです・・・。 [中古車選びのポイント!]

ふっか~つっ!

昨日38度まで上がった熱も、クスリのおかげか何とか動けるまで回復!

休んでなんかいられん!と、アクセラのコーティングも完了!動画は明日かな? 

実は今週の水曜日に、古い友人に頼まれて1台オークションで落札しました。金曜日に車が入庫して念のためチェック・・。

やっぱ新しい車だけあって内装も、まあキレイです。

特にお店で並べている車種ではないのですが、いくらくらいで小売りしているのかなぁ・・・と、気になってカーセンサーで見てみよう!(気になるとすぐ調べないといられないたちなもので・・)

・・・・ネット見てます・・・・・ん~やっぱそんなに儲かる車じゃあないなぁ・・・なんて思っていたのもつかの間!

「あれっ?これ俺が落札した車じゃねぇ?」

北関東G県の販売店・・車のナンバーもGナンバー、カーセンサー掲載の車体番号末尾3けたも一緒・・・こりゃ間違いないな!削除依頼忘れたのか・・・んっ車検の満了月だけ違う・・・怪しい・・・

ということで、ユーザーに成りすましメールで問い合わせ!「連休中に見たいんだけど・・・」なんてコメントもつけて!

約3時間後・・・

「先日ほかのお客様に売約済み・・・」

まあ、私もこの人たちから見ればお客様かもしれませんが・・・・せめて、削除依頼かけるの忘れていたくらいなら、希望を聞くなりとかあってもいいと思うんだけど、新規車両はアップします・・・だって

いったい何がしたいんだ?問い合わせを入れてから行く人ばかりなら、無駄足にならずに済むだろうけど、いきなり来店する人もたくさんいます。 こういうお店があるから、いつまでたっても中古車屋のイメージってよくなんないのかなぁ・・。

名前までは公開しませんが、G県に何店舗かあって400台在庫持ってる(そう書いてある)結構大きなお店みたい。大きなグループにも加入していて(芸能人がイメージキャラクター)大々的にいろいろ書いてあるけど、まずは在庫の管理から始めることをお勧めします。

G県にお住いの方、お気をつけて!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

板金に出す前の展示車はお買い得! [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

げ・元気ですか・・・?私、風邪をこじらせてしまったようです・・。今朝、起きた時になんとなーく、体の節々に痛みとだるさが・・・7月は、休み取れてないからハードワークがたたったかな?くらいに嫁と話していました。

それが、お店の開店準備をしていると、みょ~に寒い・・・ていうか震えている・・またエアコンつけっぱなしだったのか?と目を向けてもちゃんと消えてる・・。

う~なんか、体中から火が出そうなのに、寒いぞ・・。上着を着て、なんかそれらしい薬はないか・・・・バファリン・・・。まあないよりましだ!病は気から!バファリン効果のあるうちに、ブログやってます・・。

そんなんで今日もクリーニングは、ごめんなさい・・。とりあえず気合で、昨日の磨き残しはやったので、明日コーティングします。

明日から三連休だし!こんなところで、ねを上げてはいられん!おじさんの意地見せたる!明日の納車も頑張る!

ということで、頭もボーっとして入るんですが、今日のお題!

「板金に出す前の展示車はお買い得!」

ということですが、なんで?と思う方もいるかもしれません。

中古車は、無傷の物ばかりが流通しているわけではないのはご存知ですよね。できれば、傷のない状態が最高なんでしょうが、なかなかそういうわけにもいきません。当店も磨いてわからなくなるような傷は、基本直さずにお客様に見てもらいます。ちょっと目立つなぁ~というものは、展示している段階で板金屋さんに出すこともありますが、ここがポイント!

もちろん板金する=経費が掛かります。しかも、直したからすぐに売れてしまうかどうかは私にもわかりません。金額が上がった分、検討の対象でなくなってしまうこともあります。また板金に出すことで、お客様に魅せられなかったり、すぐに上がってこないで在庫期間だけかかってしまったりと、あまりいいことありません。そんなことを考えてしまうと、原価プラスアルファで金額を考えてしまったりすることも、無きにしも非ずです。

そこで、板金前の車がお得な理由です!もちろん板金する前なので、経費載せてません。オークションなどでも傷があればそりゃ安くなるに決まってますよね!

ちょうどこの間、入庫したばかりのシエンタを販売しましたが、この人がまさにそれ!19年後期のモデルなんですが、右のスライドドア、リアバンパー(ここはあんまり目立たないけど)に傷があったんですが、ちょうど週末ということもあり、クリーニングして並べておいたんです。

もう、見た瞬間「前期並みの金額だけどなんかアンの!」そりゃそう思ってもしょうがないですよね。

ふっふっふっ・・・実はこの車はですね・・・・なんて勿体付けず正直に外装の傷について説明し週明けに板金に出しプライスが上がる旨もお伝えしました。実はその前の日に、違う用事で板金屋さんに車見てもらってたので、直す原価は確認済み。実はもう少しスケベなプライスつけても、後期なら安いなぁ・・・なんて思ってたんですけど、

「もし決めてもらえるなら原価でいいですよ!〇円プラスでできます!」

「えっ!そんな金額で治るの?」「そりゃ原価ですから・・・普通に直して展示したらもう少し利益いただきますけどね・・・。」

「じゃあこれで!」

ってこんな感じです。なんで原価で出すの?と思う方もいるかもしれませんが、私は板金屋さんではありません・・・。車を買ってもらってなんぼですから、販売時に利益載せて・・・は、考えません。

だって、それで喜んでもらえれば、その瞬間に「ご成約」なんですよ!「いつ売れるかな~」を考えるより、よっぽど前向きだし、損することもないですから・・・。

もちろん、私の見た目で、あっちもこっちも直したらその分上がります。でも中には、このくらいの傷ならタッチアップしてもらえない?っていう方も結構いらっしゃいます。もちろんタッチアップはおまけなので、お気軽に言ってください!

今日は、傷のある車を賢く安く買う方法でした!(体調悪い方が、筆が進む・・・・) 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

走行距離の多い車ってそんなに不安? [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

何度かテーマとして掲げている「中古車の走行距離」

これは永遠のテーマなのかもしれない・・・。では走行距離の多い車に対する不安はいったいどこにあるんだろう・・。

「車がぼろそう・・」(これは、現車を確認すればわかることなのでパスです)

「壊れるんじゃあないか・・」

そう!これですね!やっぱり距離が多い分、リスクが高くなるんじゃあないか?皆さんもそんなところにご不安があるのかと思います。でもやっぱり予算も大切だから安く収めたい・・と、頭の中とお財布の中の折り合いがつかない・・。そんなことはありませんか?

今日はちょっとだけ見方を変えた中古車選びのご提案!

それは「保証」

販売店によって内容が異なったりと、漠然と保証と言ってもピンと来ないと思います。今回ご紹介するのは「カーセンサーアフター保証」(当店も取扱店です)

CMなんかでも見たことある人はいるかもしれませんが、内容まで詳しく知っている人そんなにいませんよね。

簡単に説明すると、国産車の場合「新車から13年経過、13万㎞までの車なら加入できる保証(一部対象外有)」もちろん有料なんですけど、うまく使うと車選びの幅も広げることができると思うんです。 

なんだ有料かぁ・・と思ったあなた!まだ決めつけるのは早いですよ!

販売店の私がPUSHするということは、販売店にも恩恵が・・と思われる人もいるかもしれませんが、ほぼ紹介するだけで販売店のメリットはほとんどありません。(認定検査も受けないといけないので、仕事量増、コストもかかる)

じゃあなんで使ってるの!と思いますよね!それがこれからのお話!

1台、例を出しましょう。

「平成18年式 アイシス 9万㎞ 279000円(以前販売した車です)」という車があったとします。この保証半年から、1年、2年、3年と選べますが、経過年式と、現在の走行距離で保証料が決まります。

ちなみに、半年(35640円)1年(71280円)2年(86400円)3年(110160円)となります。結構かかるなぁ・・・と思った方もいるかもしれませんね。

では、同じ年式、グレードの5万㎞台の車は、いったいいくらするのか?本日現在でカーセンサーに掲載されている全国の平均は、「674000円」でした。もちろん店頭価格だけの比較です。その差額は395000円!

9万㎞の車に3年の保証をつけても、280000円安い!しかも5万㎞の車にここまでの保証がついているかというと、そうではないのはわかっていただけますよね!じゃあ5万㎞の車は絶対壊れないの?そんなこともありませんよね。実際に走り始めから5万㎞~7万㎞位って、いろいろ消耗部品とか変える時期だったりもしますんで・・。

言い忘れてましたが、保証の項目数は最大237項目(該当しないパーツもありますので)、走行距離は加入から無制限なので何㎞走ってもOK、修理回数や免責も一切なし!ロードサービスまでついてくる・・。(なんかカーセンサーの回し者みたいだな・・)

あっ、ちなみに半年プランだけ限度額がありますのでご注意を!

やっぱり3年が得なのかなぁ!と思う方、もちろんご予算が合えば長い方がいいです。でも私のお勧めは2年保証・・なんでかというと、2年加入すると期間中に必ず車検が来るんです。なかなか定期的に点検入れる人も少ないと思いますが、車検はほとんどの人が業者に頼むはず、もしこの車検の時に不具合のあるパーツが見つかれば、もちろん期間中、保証対象部品なら無料で直せる!

保証をうまく使って、走行距離の問題をクリアできれば、ワンランク上の車だって狙えますよ!保証単体で見ると高く感じますが、こういう使い方もできますよって、お話でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

走行距離と年式で選ぶのはどっちが得? [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

先日ご来店いただいた年配の旦那さんから「ミニバンで5万㎞くらいまでで、50万円で乗り出せるやつ、無い?」

随分とまたざっくりとした質問を投げかけられたなぁ・・と思いつつお話をしていました。

ミニバンにもいろいろありますよ~と、当店のセレナや売れてしまったプレマシーなんかと比較しつつ、修復歴の有無や予算的なことなどお話をしていましたが、どうしても5万㎞が頭から離れない・・・。

決してダメなことではないですけど、そうなると年式を落とすか、修復歴あっても良しとするかしないと結構この方のご希望には沿うのは難しいという話もしました。だったら年式は落とさず、走行距離をもう少し柔軟に考えてみるのはどうですか?

国土交通省さんが発表する記事だと、1年間の平均の走行距離は約1万㎞らしいです。月にすると840km位、1週間で190㎞、1日で27㎞くらいになります。1万㎞ってすごいなって思うけど、一日当たりに換算すると通勤とかで使う人なら普通にこれ以上走っている人も多いはず。

18年式の車なら平均でも10万㎞走破が当たり前ってことです。同じ年式で5万㎞となると、ほとんど週末くらいしか乗らない車なのかもしれませんね。18年式以前なら、いつ動かすの?って思われるような車なのかもしれん。

ここからはあくまでも私の個人的な見解が多くなるけど、新しい年式はともかく、10年落ちあたりであまりにも走行の少ない車は、走行の多い車よりも「要チェックです」

なんでかというと、やっぱり車は動かしてなんぼ!止めっぱなしって実はあまりいいことないんです・・。ちょっと前のCMで「ドライスタート」っていうのがあったの知ってます?

これはですねぇ、エンジン内部の話なんですけど、エンジンのない分はいろいろな場所がエンジンオイルでコーティングされます。でも時間がたつと、オイルは下に落ちます。そりゃそうですよ、重力には逆らえません。その状態でエンジンをスタートさせるのがドライスタート!金属同士が直に擦れ合うのでエンジン内部にすれが生じます。その擦れがエンジン内部の気密性を落としエンジン内部の寿命が・・・。

車の機関系もそうですが、それを支える部品や足回りなどのパーツもほとんどが金属とゴムの集合体、止めっぱなしの状態が長いと少なからず固着したり、変形したままになったりと、走行することで得られる適度な衝撃も必要なんですね。

走行距離はやっぱり気になる部分かもしれませんが、やっぱり重要なのは「その時、その時の状態!今どうなの!?」ってことです。私だってメーター見ないと、車の距離はわかりません・・。程度がいいか悪いかだけは、長くやってるのでなんとなくわかってきたような気がしてます。 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

コーティング祭・・・・継続! [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

今日はちょっと涼しげですね・・・ていうか寒い・・。動いているときはなんてことなかったけどパソコンの入力やってると、なんか肌寒い・・。

皆さんもお身体にはお気をつけてください。

本日もご来店をいただきました。昨日お問い合わせをいただいていた方ですが、このブログやYoutubeなどもご覧いただき、お問い合わせの際に「感動した!」と頂戴いたしました。

ありがとうございます!とっても嬉しかったです。

コーティング済みのお車をご覧いただきましたが、水はじきにも喜んでいただけ満足です。

なかには、突然、ご来場(これは全然かまわないのですが)して、車もほとんど見ていない来たばかりで、「これ値引きどれくらい・・」とか言わる方もいらっしゃいます。

売る側としてはこれ、非常にさみしいです・・本当にこの車欲しいのかな?と、思っちゃいます。

まだまだ値引きして買うのが中古車は当たり前!と思っている方、まだまだ多いですが、それももう昔の話です。これだけ情報があふれている世の中ですから、他社様よりも少しでも安く、良いものでないとお客様は来てくれません。利益はできるだけ落としている販売店がほとんどです。

できる限り協力してあげたい気持ちがまるでないわけではないけど・・まずは「この車が欲しい!」と思ってもらうのが先決です。いきなりこんなこと言われたら「無理です・・」って答えられても当たり前ですよね。 

そんなことはさておき、ガラスコーティング祭り!好評をいただいております!

(ご近所の犬の散歩している年配の方にも、どんなWAXつかってんだぃ?と言われるほど!)

なので、6月いっぱいで違うのに変えようと思ったけど、7月中も継続して取り組みます!施工済みの車両もだいぶ減ってしまったので、今週は頑張って仕入れ&仕上げ、頑張らねば! 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

第三者査定機関って何? [中古車選びのポイント!]

今日も・・・・暑い!

作業に集中していると、クラクラしてくる・・・こりゃプチ熱中症だな?皆さんも屋外の作業(もちろん屋内も)は気を付けてくださいね!

私も今日は、どんだけ飲むんだっ!ってくらい水分補給した。これがビールなら最高なんだが・・。

今日はちょっと前にあったお話を!

最近よく聞く「第三者査定機関の認定(鑑定)済み車両」なんてのがあるのは、ご存知ですか?

「なぬっ!知らない!」・・・一番わかりやすいのは一時期コマーシャルなんかでもやってた「カーセンサー認定」「Goo鑑定」というのも、この機関で検査してもらうことなんです。(もちろん両社の利用機関は違いますが)

カーセンサーは「AIS」、Gooは「JAAA」という非営利団体(お金は取るのに)を使ってます。もともとは、事故が起きた時の車両の損失査定なんかをしていたりしてましたが、(修復なしの車がぶつけられたときに、修復有になってしまう損害って実は請求できるって知ってました?そういう時にこういった機関使うんですよ)

要は、中古車を点数で表すわけですが、これに似たのがオークションの評価点、前にもお話ししましたが会場によって採点の基準が異なります。正直、AISとかの方が厳しいです・・。

当店の車は、ほとんどの車を「カーセンサー認定」の依頼をかけてます。1台いくらって計算なので、できればやりたくない・・・でも、お店の人間がいくら「いい車ですよ」っていうよりも、全然関係のない機関が、それこそ全国の認定車と同じ評価を受けるわけですから、話は早いわけですよね!なので、お客さんに安心を与える意味でも取り組んでます。

で、またこの検査の方法なんですけど、検査に来た人が「これ何点!」と決めるわけではなく、タブレット片手に細かく傷とかを入力するわけですよ。そうすると本部のコンピューターと直結していて、チーンと点数が出るそうです。

できることなら評価あげたいので、クリーニングした後に依頼してるんですけど、本当に細かい・・。そこも拾うの?って言いたくなるくらい、細かく見てます。

今ある在庫のセレナなんですけど、確かに小傷はちょこちょこあるけど、かなり磨いたのでほとんど肉眼で見るのも難しいってくらいの傷になった。でも一つ一つ拾ってくれて「3.5点」・・・オークションは「4点」だったのに・・・。落ちた・・。

IMG_1461.JPG 

食ってかかるわけではないけど、担当の人に「キレイでしょ!」って聞いたら、「すごいきれいです」だって!

じゃあなんで!「薄い(小さい)傷でも箇所が多いんでポイントで、3.5点です」

そう、こんなの傷のうちに入らんよ!っていうのは通用しないんです。内装の評価も同様、どんなにキレイでも小さな焦げ跡やトリムの傷一つでも、減点幅は、かなりでかい。(個人の感想です)

できれば、皆さんにも見てもらいたい・・。 

もし、これで候補から外されたら残念だなぁ!セレナご検討の方!この車を見てからでも遅くはないです~!

あっ! そういえば!この認定で勘違いしている人も多いけど、「認定=壊れない」と思っている方も多いです。もちろんエンジンかけたりの検査はしてますけど、それは今その時の状態です。いつまで大丈夫というものではありませんので、誤解しちゃだめです!

安心したカーライフは、カーセンサーさんも「カーセンサーアフター保証」を用意しているくらいですか。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

燃費偽装と中古車の関係はあるの? [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

昨日、アップ忘れたので本日2回目です!

関東地方も今夜から雨のようですね。いつもは嫌な雨も、今回はちょっと楽しみ!今朝お知らせした「コーティング祭り」用の在庫車が、いったいどんな効果を生んでくれるのやら?

昨日、今日と何台かYoutube用の動画を撮影し、コーティングの水はじきの状態も収めましたが、やっぱり施工一週間程度の状態!ビンビンに水を弾く!以前使っていたものより効果テキメン!

しかもさっそくnice!をくれた方もいてとっても朝からいい気分!

と思ってたら、昼前に高校時代からの悪友?が来店してくれた。ちょっと前から車を探してといわれているんだけど、なかなか見つかってない(色だのなんだの、注文が多いんだよ!なんつって)

探しているのは、〇ズキの車。

(友)「燃費の問題って、中古車にも問題あるの?」

(私)「ん~正直、個人的にはあんまり気にしてないんだけど、新車の販売はニュースでもやってるけど、結構、ミツ〇シの軽がらみはかなり落ちてるみたいだね」

(友)「やっぱ、メーカー変えた方がいい?」

(私)「なんで?」

(友)「なんとなく・・・」

(私)「バカだなぁ。お前が探してるのは中古車なんだし、大体そこまで燃費気にしてんの?燃費が実は半分以下・・なんてのは別としても数%でしょ。新車買ってたら騙された感は、半端ないにしても、偽装が発覚して相場が落ちてるのはなんとなくわかるでしょ。だったら今買った方が、得じゃない」

==========

はい。この上の会話を読んで、「今、得なんだ!」と思った方。要注意です。あなたは、営業のセールストークに引っかかってます。なぜかというと、オークションなどの流通量は、減っていますが、相場はさほど変わりません。(今回の車のケースです)

なんで変わらない?と思うかもしれませんが、この車の流通は確かに多少減っているように見えます。もしかしたら出しても売れないかな?と思っている業者が多いのかも。そんな少ない出品の中、もしかしたら安く買えるんじゃあ?なんて思惑を持つ業者も、結局少なくなった玉をせり上げるので、そんなに相場は落ち込まず、成約率も落ちていない・・・ということなんです。

そんなことを露知らず、見に行った車屋さんに、こんな会話されてその気になると、全然安くなっていないのに、安く買えたと勘違い・・。(それはそれで幸せなのかも)

友人に種明かしをしたら、「お前相当悪いやつだな・・」と言われましたが、確かにそんな売り方をした時も10年ほど昔にありましたけど、お客さんがわからないと、気持ちよく買えるので結果オーライ?

い、今はそんな売り方しませんよ!先日契約いただいた方も、ほかのお店の種明かし(あくまで想像の範疇ですが)したら、「そんなことあるの!」て、驚いてたくらい業界のやりかた、暴露しちゃってますから。・・・ご安心ください・・・・本当に。

ちなみに今回のお話はもちろんすべてにあてはまるものでもないとご理解ください。新車にもリコールや今回のような偽装問題、はたまたもっと公になっていない・・・・あんなことまで(それはまた今度)いろんなことがありますから、

どんな問題点でも「失敗した・・」と思わない方法があります!

それは、買った車を大好きになることです!そうすれば「俺はこの車が好きだから!」で片付きます!

そう、要は気持ちの問題です! 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

Youtubeに在庫を載せようと思ったのに・・・。 [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

梅雨のせいか、いや~な天気が続きますね・・。

野田市も朝から小雨がちらついていました。ちょうどクリーニングもひと段落したところなので、最近できてなかった在庫車の動画撮影をしようと思い、撮影準備!(準備と言っても洗車してカメラ持っていくだけですが・・。)

当店の動画で在庫車紹介、見てくれた人いますか?ネットに乗っている画像ってどこの店もすごいきれいですよね!私が前いた店も「撮影用のブース」がありました。もちろん当店にそんなものはありません。洗車の時に味方になってくれる太陽もこの時ばかりは敵です!どうやってもうまく撮れない時があります・・・。

洗車場に壁がほしい・・・。

でも、この画像、どこの販売店も何とかきれいに撮ろうと必死なの知ってます?実際の車と画像がかけ離れている・・なんて話もよくあります。(そう、ひどいところは画像編集している)

ちょっと話がずれてしまいましたが、画像ではわからないようなところも、肉眼にはかないませんが静止画よりは伝わるんじゃあないかな?ということで時間のある時にUPしています。

ということで、何カットかに分けて動画を撮り終えました。それをムービーメーカーで編集!(ここの編集は動画をつなぎ合わせて、キャプション(文字)の入力、手ぶれ補正するだけですのでご安心ください。)

が、しかーし!撮影中は気づかなかったんですが、ピントがおかしい・・。やっぱり以前カメラ落としたせい・・・。

セレナ.jpg

これじゃあよくわかんない・・。せっかく一通り撮ったのに・・・。すぐに購入したY電機にTEL!

(私)「保証で治りますか?」

(Y)「領収書があれば大丈夫!」

よかった~というのもつかの間、なかなか持っていけない・・。今度、嫁さんにお願いしよう・・。(ごめんね)

でもこれじゃあUPできない・・。今日の半日の仕事が水泡となり消えていった・・。

とりあえず修理出すまでは、私物の10年以上前に買ったデジカメで明日再挑戦だ!

・・・なんかこれだと、お得な情報でも何でもないような。

あっそうだ!お車選びの時の便利アイテムを教えましょう!(そんな偉そうに言うことでもないですが)

結構、いろんなお店を何件か回る人いますよね!そう先日もそういう人に買ってもらいました。

そういうときに便利なもの何だか知ってます?皆さん手ぶらで行っている人も多いと思いますけど、でも自然と皆さん持ち歩いているものです。

そう「携帯電話」

の、カメラ機能!ムービーでもいいですね!

購入した後に記念でとる人はいますけど、車探し中に撮る人ってあんまりいないんです。特に何件か回る人には役立ちますよ!

自分の気になったところを「パチリ」するだけでOK!

人間の記憶って、せいぜいおおくても10個、それ以上は覚えてられないそうです(先日TVでもえらい先生が言ってた)

そうです。忘れてしまったり、いろんな車とごちゃ混ぜになったりする人多いんです。

「これETCついてましたよね?」なんて、ついてない車で言われるようなこともしばしば、「それとなりの車ですよ・・」

掲載されている画像と違い、自分の目線での撮影なので、記憶も一緒によみがえる!

勘違いで失敗した・・なんてのは正直アフターカーニバル(あとの祭り・・・です)

撮影禁止なんて中古車屋はないと思います。いやな顔されたら、そんなお店で買わない!

大金出すんですよ!慎重にお車選びしてくださいね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

来店するとなかなか返してくれない中古車屋? [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは。今日も暑かったですね・・・。

今日は、なんのこっちゃ?というようなタイトルですが、実際に、昨日来店してくれた茨城県のお客様と話をしていて聞いた話なんですが、「何件くらい見て回っているんですか?」と聞いたところ、本来の予定だと5店舗回る予定だったらしいんです。(当店は3件目)でも当店を訪れたのはもう夕方・・。

出発が遅かったの?と思ったら前に回った2件とも、「次の店行きます・・。」というと、あの手この手でなかなか帰らせてくれなかったとの事。 そんなんでこんな時間になってしまったとの事。

「そんな店あるの?」と思う方、実はこれよくある話なんです。なんでかというと、できればほかの店と天秤にかけられたくない・・と思うお店や「鉄は熱いうちに打て」この言葉を勘違いしているお店も多いんです。

以前勤めていた販売店では営業マンの研修などもやらせていただいていたのでわかるんですが、特にお客様の気持ちがわからない駆け出しの営業マンによくあるケースです。

返してしまったら上司に怒られる・・・。お客さんこの車気に入っている・・・という勘違い、人の話を聞いてない・・。そういうのが押し売りに近い営業スタイルになってしまうんですね~。

これはよくありません。私ごときが偉そうに言える立場じゃあないかもしれませんが、車選びはその人の今までの乗り換え頻度、今乗っている車との比較、見に来た車を自分が乗って生活している姿を想像してもらう!そうこの車を買ったら「あれして」「これして」といった夢を描いてもらえるように、セールスではなくアドバイザー的なスタイルの方が皆さん共感してもらえるんじゃあないかな?なんて思います。

で、結局のところ、「その前の2件で買わなかったのはなぜ?」という問いには、

「2件とも車が汚かった・・」

「あっはっは!」思わずお客様と一緒に笑ってしまいました。

当店の車はもちろんリフレッシュ済み!外装は前日の雨でお世辞にも一番いい状態ではお見せできませんでしたが、内装の程度はかなりお客さんもびっくりしていた様子。

でもあと2件候補があるようなので、昨日は車の説明やいろいろお話をして、お見積もりをお渡しして終了。 

「うちで買ってくれたらいいなぁ?」なんて夜、嫁と話していましたが、次の日(今日のことです)の朝、そのお客様からメールが届いていた。

「Climbで買いたい!」(本当はもっとしっかりとした内容のメールです)

「やったー!」 

やっぱりこの瞬間が一番うれしいですね!

後日再来店してくれるので、今日は予定を変更し、その車の外装を仕上げなおしました。よろこんでもらえたらいいな。

(ちなみに当店より前に行った2件は、結構名の知れたお店でした・・。)

ではまた明日!

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

総額表示の問い合わせが最近多いな・・? [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

今日も暑かったですね~。今日は朝から、先日納車したご近所のF様のお車に「シートカバー」の取り付け作業。朝一で奥様に、お車をお持ちいただけたので、余裕をもって作業できます。内装がすごくきれいな車なのになんで?と思いましたが、お孫さんがまだ小さいそうで、汚れ防止の為に取り付けをするそうです。

ほっほ~、まだお若いのにお孫さんですか!コンパクトカーからミニバンに乗り換えたわけもわかります。これから夏休みですもんね!いいなぁ、楽しそうで!

と言うのはさておき、早速作業開始!シートカバーの取り付けは久々です。以前は、「これ付けといて!」で済んだのに・・。

取り付けるのは、〇レッツァのセンターがパンチングのタイプ!パンチングも裏まで抜けてはいないのでもしジュースなどをこぼしても大丈夫!(でもすぐ拭いてくださいね)

ネットオークションなんかでも、安く車種専用で売ってたりしますけど、あまり安すぎるのは要注意です!つくりの悪いものもあり、取り付けの際、切れてしまったり、なんかブカブカなんてのもあります。大手さんのはやっぱり安心して勧められます。ただ、サイズがぴったりなので、取り付けにはコツも必要です。むやみに引っ張るとやっぱり切れちゃいますので、気を付けてください。 

何とか取り付け完了!久々+3列シートということもあり、2時間くらいかかってしまった。以前はもっと早かったのに・・。

まあということで本日のお題に参りましょう! 

皆さんは、中古車を探すとき何から始めますか?

中には「家の近所でいいもの見つけた!」なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、(当店のお客様にこういう方多いです) 

大体、カー〇ンサーとか、[手(グー)] ーとかネットで探している方も多いと思います。私がこの業界に入ったころは、前出のサイトさんも情報誌の時代、毎月2回も原稿を書かなくてはいけないという、それはとっても面倒な仕事でした・・。でも今はネットで入力もできるし、結構簡単! 便利な世の中になりました・・。

手軽になった分、問い合わせも簡単になりましたね。でもいいことばかりじゃありません。手軽な分、買う気のないような問い合わせも多くなりました。問い合わせの時はお客様の名前を入力するんですが、以前にあったのは、

お名前  「匿名」

ま、まじか・・。何がしたいんだこの人は?適当に定型文を張り付けて返信するようなお店ならまだしも、うちみたいに一生懸命、苦手な活字で少しでも状態を伝えようとするお店もあります。相手が見えない分、返信を待っていたら・・・今日にも買いたい人だったら・・なんて思いで、できるだけ早く返信しようと思っていても、こういうの見ちゃうと結構気持ちはなえます・・。(でもしっかり返信しますのでご安心を!いたずらはやめてね)

さっき書いた「定型文」ってやつだけど、結構こういうお店多いんですよ。特に大きなお店。前に返した返信内容をコピペして終わり、よく見ると、名前が違ったり、車が違ったりなんてことも・・。 (なんでそんなこと知っているかって、競合するお店に問い合わせを入れて内情を探る・・・そんなこともいろいろなお店でやっているんですよ~こわいですね~)

タイトルからちょっとずれましたが、「総額表示」これですよ!今日のお題は!

今日も、電話で問い合わせがありましたが、

(お客様)「お宅の〇〇って車、総額にプラスでいくら?」

変な問い合わせだと思いませんか?「総額」なのに「プラスでいくら?」

でもこれ一概に間違いじゃあないんです。そもそも「総額表示」って登録にかかる費用なども含んだ総額。ということなんですが、

地域によって、ナンバー代や自賠責保険料が変わる場合もあるんです。なおかつ登録には陸運局での登録が必要なので、

車両を持ち込むための手数料なども変わります。当店の場合の総額も、当店のある千葉県野田市「野田陸運局管轄」で、登録した場合の「総額」ということなんですね。(各サイトにもよく見るとこれは書いてあります)

ただ、それだけじゃあ済まないお店も多いようなんです・・。なるべく総額を安く見せたい!(そりゃ当店もそう思いますよ)

そのために、規約違反を犯しているお店もたくさんあるようです。税金や諸費用の一部を別途請求にして総額を安く見せる・・。

こういうお店があるので、先ほどのお問い合わせのような言葉が生まれてくる時も多々あります。(全部ではありませんよ。店頭納車を自宅納車に変えてほしいなど、お客様の依頼があったものについてはもちろん差額が出ます)

なんで、そういう悪質なお店が各サイトが取り締まれないのか?って思うでしょ。

実際、諸費用(税金などの法定費用以外のこと)というのは、販売店独自の物、そうお店によって違うんです。もちろん整備の内容が違ったりなどもあります。そういうことで統一した金額がないので、告発がない限り取り締まれない。(現行犯ってやつですね)

しかも、各サイトから見たら販売店は掲載料をもらうお客様・・・。それがもし大量に掲載しているお得意様だったら・・・

お~怖い、業界の黒い部分が見えてきそうです・・。

ちなみに全部の店がそうとも言いませんし、大きな販売店が全部というわけでもありませんのであしからず。(フォローしてるみたい・・)

こういう部分はいろいろと見積もりを取って、お客様も勉強しないと損しちゃいますから気を付けてくださいね! 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

走行20万kmの下取りノアがヤバイことに!! [中古車選びのポイント!]

みなさんこんにちわ!伊勢志摩サミットも今日までですね!

えっ興味ない?実は私もサミット自体、あまり興味ありません。どちらかと言うと、

連日、TVに出てくる「きれいな海」「うまそうな海鮮」「松坂牛」のほうが興味津々です。でも三重県って行ったことない・・。いつかのんびりと行ってみたいなぁ・・・。

ということで、今日は、先日紹介した205000㎞の下取りのノアが、やばいことになっています。

オビ加工.jpg

なぜかというと、そうNETに掲載してみたんです。

車両本体価格「3万円!」

車検も、来年29年の8月まで約1年ちょっと残っているので、

「車検まで乗れればいいや!(壊れるまで・・)」という人もいるかな?と思って掲載したら、ものすごい反響!

昨日の夜、掲載してから現時点で、問い合わせのメールが5件目・・・。ページビュー(閲覧数)もとんでもない数字に!

正直、こんなに見てる人いるの!って思うほどの反響・・。うれしい反面、普通の在庫もこの暗い反響があればなぁ・・。

もしかしたら興味本位なだけで、問い合わせしている人もいるかもしれないけど、そういうのはやめてね。(今日は全く外仕事がはかどらなかった。)

20万kmで3万円って高くない!って思う人ももちろんいると思います。なんで3万円にしたかというと、オークションの相場でもそのくらいあるんですよ!うそっと思う人もいるかもしれないので、ちょっとだけ見せます。

ノア.jpg

左から年式、グレード、型式/排気量、車検/走行(単位は千km)ってなっていて、一番右が落札価格(単位は千円。ちなみに税抜)

これ、過去4週の全国のオークションの一部の結果です。結構あるもんでしょ。オークション出品かなと思ったけど、現状販売に理解ある方なら販売してもいいかなと思って、掲載したわけです。状態に不安な方などはお勧めしませんのでご安心ください。

以前にも少し、走行距離のお話をしましたが、中古車ってすごい距離でもなかなか0円にならないんですよ。そう距離が伸びればと価格が下がるのは間違いありませんが、値落ち幅はだんだん緩やかになっていくような感じです。(ほかにも要因はありますが)

では新車から、一番値落ちの幅が大きいのはどこでしょう?答えは新車を買った「あなたです!」

全部がそうとも言えませんが、新品から中古に代わった瞬間、距離関係なく値段が下がります。

俺のは新車で500万した!なんてすごい車に乗っている人もいるかもしれませんが、車検証が出来上がった時点でそれは中古車なんです。こういう高い車のほうが、実は値落ちが激しかったりすることもあります。

中には、半年も乗らずに100万下がった・・なんて話もざらなんです。

ほんとにー、と思う方。この100万下がった。っていうのも少しトリックがあります。500万円というのは、新車を買った方が払った総支払額、中には諸費用や税金、はたまたオプションなども含まれます。

そうです。実際には、諸費用などで40万ほど使ったとしても、その人の中では100万下がった・・・になってしまうわけなんですね・・。

一時期、大々的にCMなどもしていた残価設定、最近あまり見ないですね・・。(半額で新車が乗れる・・っていうやつ)実は結構昔からあるんですよ。知ってました。某社は、細々と続けていますね。あれもあんまり得している人、聞きません。どちらかというと困っている人はたくさんいました。

なんでっ?あれって、新車の半額(一例です)をとりあえず3年とかのローンを組んで買うわけですけど、3年後の買取価格を保証してくれるわけですよね。でも外装に傷もつけずに3年、そんなドキドキしながら楽しく乗れますか・・?まあ、最悪、そのまま乗り続けるっていう選択もできますけど・・。新車を普通に買ったほうが、総支払額やすかったりして・・。

残価設定で買った車が、自分に合ってないとか、家族が増えてこれだとだめ・・なんて人を見ました。大体、3年未満で乗り換えようとすると色々制約があるみたいで、ほとんどの人が、残債(残っている分ね)が残る・・ケースがほとんど。かわいそうだけど、こればっかりは、手助けできません。そうですよね半額で乗れてお得な気分は味わえても、未来まではわからないですもんね・・。その時は、この車がほしい・・って気持ちだったんでしょうけど、自分の生活に合わなくなったときは・・・困りもんですね・

ちなみにすべてのケースがこのようになるというわけではありませんので、誤解しないでください。残価設定でも楽しんでいる人はきっといるはず!そう信じてます。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

販売店が教える、下取(買取)で高く売る方法! [中古車選びのポイント!]

皆さんこんちわ!まだ5月だというのに、暑いですね!

今日も、ご来場を待ちながら入庫のクリーニング!ばっちり日焼けしました。

色々な媒体で、クリーニングの状況も画像でアップしているのでカメラはいつも持ち歩いているんですが、

一息ついたときに、一枚パチリッ! 

IMG_1357.JPG 

セスナ引っ張ってもらい上空高く舞い上がるグライダー!!「気持ちよさそー!」

当店のすぐ近くに「関宿滑空場」というグライダー専用?の滑走路?施設?あまり詳しくないんですが、歴史的には由緒ある場所みたいです。

なんか、グライダーの最長記録を出した時に降りた場所?間違ってたらごめんなさい。

当店の上空では毎日のようにこんな風景が見れます。やってみたいな~

前置きが長くなりましたが、先日、ある買取サイトから「掲載しませんか?」と電話がありましたが、今のところ手が回らないのでパス!(本当は買取も結構面白いんですよ!)

そんなことで、今日は、下取り(買取)で、高く売るポイントを本音で教えちゃいます!(あくまでも私的見解ですので、あしからず)

みなさんは、どうしてます?下取り?

次の車を買うところで査定してもらう!という人も多いと思いますが、1件だけだとやっぱり、査定額がが高いのか?安いのか?判断に困りますよね。

一番いいのは、いろいろなところで査定してもらい、一番条件の良いところで手放すのが一番!

だけど、大体乗り換えの時って、そんなに時間がなかったり、面倒だったりしますよね。

最近はネットで査定なんてのもたくさんありますが、あれって結構失敗している人多いの知ってます。

ほとんどあのネットに出している業者さんは、買取がメインのお店がほとんどなので、ファーストコンタクトはいい金額提示するんですよね!でも大体、正確な金額は確認してから・・・。

一番条件のいいところに行っても、ネットで100万だったのが、70万とか80万とかになったりするようなところもあると聞いたことが何度もあります。

「じゃあ、ほかに行けばいいじゃん!」と思うかもしれませんが、たくさん回るのが大変な人がネット査定やるんですよね。

なおかつ、そのお店でこんな会話があったら、どう思います・・。

(店)「当店へご来店いただけた理由は?(アンケート風に)」

(あなた)「ネットで一番よかったから・・。」

(店)「ありがとうございます。今、お車拝見しましたが、小傷などでマイナスのポイントがあり、当店では80万円が限界ですね」

(あなた)「えっそんなに下がるの?」

(店)「すいません。外装の傷はやっぱり次ぎうるときに直さないと売れませんから、鈑金分のマイナスだと思ってください。」

(あなた)「じゃあ次の店行ってみようか?」

(店)「もちろんいかれるのはお客様の自由です。でも当店が一番ネットで高かったわけですよね。だとすると次の店が90万くらいだとしたら、そこからのマイナス分は、当店と変わらなくないですか?そう考えると時間もったいないですよね」

~~~~~~~~~~~~

こんな会話があったら、「じゃあこれでいいや・・」っていう人もいるんじゃないかな・・て思います。これ買取の話術です。

他にもこんなのたくさんあります。怖いですね~。

「じゃあどうすればいいんだ!」って話ですよね。 では実体験に基づく私の勝手なポイントを何点かご紹介!

1.売る側もある程度の相場を把握すること!

ネットで今自分の車と似た車がいくらくらいで販売されているかで、ある程度の希望額は考えられます。(もちろん売っている車の車両価格には、整備費用などが含まれているケースもあるので、どこまで行くかはあなたの車次第)

2.希望の額があれば、はっきり伝える!

変に「それは言えない」とかいうのは、マイナスです。あからさまに相場から外れた希望額では「無理です」と言われるかもしれませんが、買い取る側も1台でも多く買い取りたい気持ちはあります。大体、担当するのは営業ですから、歩合につながると思えば、少しでも希望に近づける協力はしてくれますよ。

3.他店での査定額があれば伝える!

これも隠したりする人いますが、ポイント2と一緒、変に駆け引き?みたいなことをしたがる人多いですけど、意味ないです。バシッと競合店の金額伝えましょう!その金額以上、つけられなければ、大体「そっちで売ったほうが得ですよ」て言ってくれます。

以上のポイントを押さえつつ、査定の人間が嫌がるポイントも何点か!

1.車が汚れ過ぎ(汚れなのか、傷なのかもわからない車もあります。もしかしたら大切に乗ってこなかったのかな?と思われたらマイナスです。簡単でもいいので洗車してから行きましょう)

2.車の中が荷物だらけ(たまにトランクにも荷物がびっしり・・なんてこともあります。これ全部下ろさないと中から見れないぞ・・。あまりお客様の私物には手を触れたくはありません。(あくまでも防犯上の話です)できるだけ荷物は片づけていきましょう) 

3.査定中すぐそばで、ずーっと話しかけてくる。(集中しているのでやめましょう。お話は査定の後、ゆっくりと)

4.同乗者が乗りっぱなし(ちょっと気まずいです。おりたくないなら家で待っててもらいましょう)

5.雨の日(これはしょうがないかもしれませんが、雨水等でさてはやりづらくなります。マージンを残した査定になるよりは天気のいい日に見てもらいましょう) 

~~~~~~~~~~

あくまでも私の中でのポイントなので、Noクレームでお願いします。でも査定する側も、人です。ほとんどのケースで、査定額を出すのは、現場の人間ではなく、その裏にいる本部の人間だったり、隠れている上司だったりします。現場の担当者にいいイメージを持っていただくのも、すごいポイントになりますよ!

明日はお休みなので、火曜日にまたお会いしましょう!(niceください・・・) 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

中古車の走行距離って何㎞までOK? [中古車選びのポイント!]

みなさんこんにちわ!今日も暑かったですね~!

そんな中、本日3台の納車がありました(まだ1件残ってますが)

納車の時に、皆さんにアンケートをいただいているんですが、今までほとんど5点満点!(いぇーい!)

ですが本日とうとう、3点・・・しかも接客で、つけられてしまった・・。でもこのお客様、某銀行の本店勤務の方、銀行員の接客から見ればやっぱり、中古車屋の接客はまだまだですね・・。ある意味納得です・・。

これを糧に、接客術にも精進していきます!(やっぱツナギ姿じゃダメなのかなぁ?でも作業だらけだし・・)

気持ちを切り替え、本日入った下取り車をちょっとご紹介します!

 IMG_1362.jpg

そう!トヨタのミドルクラスミニバンでも大人気の「ノア」です。パッと見きれいじゃないですか?

なんとこのノア!現在の走行距離 205,099㎞! 

すごいですね~!ぼろぼろなんじゃないの~と思った方もいるかもしれませんが、私もこれは解体するしかないかな~

なんて思いつつ、試乗!

「なんだこいつ特に違和感もないぞ?60型のウィークポイントのドライブシャフトの異音とか、スライドドアの張り付きもないし・・。

売れるかな・・・?(独り言です)」

車検も来年8月まであるし、車検まで乗りたいっていう人いるかな?とりあえず簡単にしかチェックしてないから、おいおいばらしてみるか!

てなわけで、中古車を選ぶときの走行距離!どのくらいまでいけます! 結構長くこの業界にいると、様々な自論を持つ方も多くて、面白いんですよね~。

そもそも走行距離って、外観ではわかりませんよね。お店で見たり、ネット検索で絞り込んだり、そうやって自分のイメージと重ね合わせてお車を選んでいくんだと思います。

5万kmまで、7万kmまでとか決められている方も多いですが、

「走行距離が少ない=いい車」

にはなりませんので、ご注意を!5万kmでも、オイル交換を一度もしたことのないようなユーザーさんもいます。

こういう車は、正直、当店に並んでいる10万km超の車にも劣る車も、たくさんあります。

そうです。オーナーさん次第で中古車の距離は、まるっきり参考にならなくなっちゃいます。

大事なのは、今その時の状態!

さらに、今当店で売れているのは、10万kmを超えたミニバンたち!今日も一台ご成約いただきました。ご検討中の方ごめんなさい!

なんでそんな距離は知っている車が!とお思いの人もいるので、 もちろんオークションなどでも距離によって金額は変わります。

やはり需要のある距離は高くなる・・これは当たり前ですよね。

10万kmで一区切りみたいな感じが昔からあります。「走っていても10万km以内・・・」なんてお客様もたくさんいました。

じゃあ8万kmと10万kmの距離以外の違いは?・・・わかりませんよね。

そんなわけでやっぱり同じ車でも8万kmと10万kmでは金額が違うんですねぇ!

もちろん10万kmの車が全部いい車・・なんてこともありません。そこは距離が走っている分リスクは伴います。でも下見するときによ~く見ると、「んっこの車のエンジンルーム、エアコンコンプレッサーとか新品みたいのついているぞ!」なんて車も結構あるんです。

あほみたいにエンジンルームまでクリーニングしている私にはわかります!他にもチェックするポイントはたくさんありますが、そんなおじさんの目で見た車だからこそ、「この10万kmは買いだ!」というわけで仕入れてくるんです。

もちろん人によって、お店によってこういうポイントは全然違ったりしますので、走行距離も、もちろん大切な要素の一つですが、

車選びは、お店選び・・なんてことも昔からよく言います。 

そんな当店の仕入れ時のポイントを知りたい方は、ぜひ店頭で!買わなくても全然大丈夫ですよ!遊び来てね~

あっそれから今日の朝一、スーパーカブでさっそうと現れたおじさんに、

「ここの車安いのに、綺麗な車いっぱいあるから、一度見に来たかったんだ!」って言ってもらいました。

「また来る!」とさっそうと去っていきましたが、お客さん自身がほしいと思うまで、売りつける真似はしないのでご安心を!

(セールスが弱いわけではないです!車のご紹介はちゃんとしますのでご安心ください。)

「ありがとうおじさん!わたし、いくつになっても褒められるとと伸びるタイプです!」 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

「修復歴無」の車は、本当にいい車? [中古車選びのポイント!]

みなさんこんにちは!今日も暑くなりましたね・・。

暑いのは好きなほうですが、仕事中はこたえます・・。早く海行きたいなぁ・・。

ってなわけで、昨日の予告通り今日は「修復歴無の車は本当にいい車なのか?」について書きます!

昨日、修復歴にも大小さまざまなものが混在している!ということを書きましたが、(見ていない方、見てください・・。)

【修復歴無】にも、色々あります。中にはぎりぎり修復歴にはならなかった・・・なんて車も結構たくさんあったりします。

オートオークションの評価点というのを聞いたことがあるという方も、いらっしゃるかもしれませんが、これはオークションの出品時に

各会場の検査員が、車両検査を行い、外装や骨格の状態(傷やへこみなど)を点数化します。

ほとんどの会場は修復歴有の車が「R点」(昔は0点なんて会場もありました)

修復歴のないものが点数によって採点されています。点数が上がるほど良い車(あくまでも外装の状態)という見解ですが、

お客様の中にも、「この車はオークションで何点ですか?」という質問をしてくる方もいらっしゃいますが、 これ結構危険です。

参考にはなるかもしれませんが、オークションの評価点は、あくまでも出品時の評価です。

もしかしたら外装傷があって評価が下がっていた車も、入庫した後、傷を直したりすると、評価点が変わる可能性も大です。

もちろんその逆も・・展示中に傷がついた・・こんな凹みなかったのに・・というのも販売店あるあるです。

さらに、オークションの評価点って会場によって基準が異なるケースもあります。

Aという会場で4点ついた車を落札し、Bという会場に出品したら「R点」なんてことも日常的にあります。

先日、当店で実際にあった話ですが、ある会場で「R点」で出品されていた車を落札、修復の内容が左センタピラーのへこみだけという小さなものでしたが、どう見てもシートベルトでできた凹み(ドア閉めるときに誤って金具を挟んでしまう・・よくあるケースなんです)

でもこれ、修復歴の定義から除外されるはずじゃ?  どうにも腑に落ちないので、一度洗車をして同じ会場に出品してみました。

結果・・・4点、落札して2週間もたってないのに・・。

評価をするのも、「人」 これだけは覚えておいてください。見る人が変われば、評価も変わってしまうこともあるんです。

だんだん中古車を買うのが怖くなってきたでしょ・・・。でも安心してください。

当店では第3者の検査機関で在庫車を査定してもらっています。

この会社は、自動車公正取引協議会の修復歴の定義にのっとり点数化しますので、同一の基準で採点がされます。

検査してもらうのにお金はかかってしまうんですが、そこはケチケチしません。

販売店側の人間の「大丈夫!」よりよっぽど安心を提供できる問うことには積極的に取り組んでいきます。

というわけで、修復歴の有無は、あくまでも外装(ボディ)の評価だけというのがご理解いただけたでしょうか?

そうです。車にとって一番重要な「走る・曲がる・止まる」ということとは、別のお話なのですよ。

(修復が原因でまっすぐ走らない・・なんて車も存在しますが) 

この修復歴というカテゴリーで、ポイントになるのは!

1.修復歴有の車は、ひどい車ばかりではない!(安くて良い車を買うチャンスかも)

2.オークションの評価に惑わされない!(重要なのはみた時の状態)

3.修復歴無でも安心しない!(重要なのは中身です)

本当はもっといろいろ書きたいんですが・・長くなってきたので、あと少しだけ・・

「こんなお店はパスしたほうがいいかも」

1.展示車にコンディションノート(車両状態表)が張り付けられていない。(これは貼り付け義務があります)

2.修復歴の説明が雑「この辺を少しだけですよ・・フロントなのにボンネットもあけずに説明する・・など」

3.外装の傷などは、気づくまで説明もしない・・。

まだまだありますが、ネット上であまり暴露しすぎるのも怖いのでこの辺で・・

もっと知りたい方や、こういうの知りたいという方は気兼ねなくコメントや当店までメールください!

相談料は無料です・・・時間だけください。なおかつ当店で買ってくれたらもっと嬉しい。

じゃあまた明日!明日は何、書こう・・・。 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

「修復歴有」と「事故車」の違い? [中古車選びのポイント!]

皆さんこんにちは!

今日のタイトルの「違い」皆さんわかりますか?

接客していてもよくお客様から質問をいただく「この車、事故車?」というキーワード。

とってもなじみの深い言葉かもしれませんが、中古車業界では、基本的には使いません。

「なんでっ?」と思うかもしれませんが、そもそも【事故】はどこからどこまでを言うのか?と、言うことになってしまうからです。

簡単に説明すると、皆さん事故っていうと、車同士の衝突をイメージするかもしれませんが、

バックで自分の家の壁にバンパーをぶつけて、車はちょっと傷がついてだけだけど、壁が崩れた・・・これも立派な物損事故です。

ということで「事故車?」に対しての答えが、非常に広くわかりにくいものなので、

自動車公正取引協議会の定めている「修復歴」というのが、中古車業界では使われます。 

ただ、修復歴にも定義があり、フェンダーやバンパー、ボンネット、ドアなどの外板パーツは、全部交換されていたとしても修復歴に該当しません。

要は車の骨格にあたる部分に、修理、交換等があるとこの【修復歴有】に該当するわけです。 (もっと知りたい方はカーセンサーとかにも詳しく載っているのでそっちも見てね。 )

これだけだと「やっぱり修復のある車は、大きな事故しているんだな!」と思う方も多いでしょう。 

実際、そうとも限りません。車の骨格部分はかなりボディの外側まで来ていますから、さっきのバンパーこすった程度でも、当たり所が悪いと、骨格部分がへこんだり、曲がったりしているケースも多数あります。

特に今の車は、ちょっと昔にメーカーさんのCMでも耳にした方もいるかもしれませんが、「衝突安全ボディ」というのに、

ほとんどの車がなっています。(ゴアとかゾーンボディとか呼び名はメーカー次第ですが)

「なにそれ?」という方のために捕捉すると、エンジンルームやトランクルームといった「乗員」のいない部分は骨格を柔らかくして、もしもの時は、その部分をつぶしてキャビン(室内)まで衝撃がこないようにしよう!というものです。(伝わるかな・・?)

 な・の・で!人には優しい車は増えていますが、もしもの時に車はかわいそうなことになるってことですね。

 ということで、今の車は修復歴になりやすいっていうのはわかってもらえましたか?

「修復歴あり」って聞くと、皆さん大体嫌なイメージが先行します。それは当然です。有るのと、無いのでは、無いほうがいいって、私も答えます。

でも、大きな事故を起こした車を直したものも、さっきも出ましたがちょっと当たり所が悪く修復歴になってしまった車も、同じ「修復歴有」というカテゴリーに混在します。 

しつこいですが、中にはたいへん軽微な修復のもので、なおかつしっかりとした修理が行われているものもたくさんあります。

さらに、もし同じスペック(中古車ではありえませんが)に近いもので、ありとなしの価格は、もちろん修復のある車のほうが安い!というプラスなポイントも出てきます。

※ちなみに当店は修復歴有の専門店ではありません・・。

そんなお得な修復歴有の車を探してみるのも、安くて、さらに上のランクを狙うポイントかもしれません!(うそを言わない信頼できるお店選びも重要です)

もちろん、それでも「修復のある車は絶対嫌だ!」という方も、全然OKです。それもあなたの選ぶ中古車の選び方です!

優柔不断な方より、強い信念を持っている人のほうが私は好きです!

そこで、明日は「修復歴無は、いい車?」をUP予定(未定) 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
中古車選びのポイント! ブログトップ